シアリスの効能はインポテンツ改善に効果的?

シアリス 効能

日本ではシアリスの名で知られていますが、外国では主な成分となる「タダラフィル」と呼ばれています。

バイアグラとレビトラというED治療薬をさらに改良を加えた「シアリス」は、持続時間が他のED治療薬より圧倒的に長く、また食事や飲酒の影響を受けにくいとされています。

シアリスの歴史

シアリスは現在では世界100か国以上で使用されていて、2013年にはED治療薬としての全世界シェアが42%となり、世界のED治療薬の中でも堂々の第一位となったことが発表されました。

シアリスが誕生したのは2003年であり、アメリカのイーライリリー社が開発したものになります。

また日本での発売はその4年後の2007年になるため、まだ国内ではシェアが低く、知名度も低くなっています。

ちなみに最新のED治療薬と言えるシアリスは前立腺肥大症の治療に対しても効果があります。

バイアグラは狭心症の治療に対して効果があります。

つまりED治療薬はれっきとした「薬」であるという事が分かりますね。

シアリスの効果

シアリスの主成分であるタダラフィルは、バイアグラや他のレビトラと同様に、ペニスの中の海綿体平滑筋という筋肉の緊張をゆるめて、ペニスに血液が流れやすくする効果があります。

ちなみにペニスが勃起するメカニズムとしては通常このような感じになっています。

  1. 性的な興奮や感情を持つことにより、体内に一酸化窒素が増えます。
  2. 一酸化窒素が血管の細胞に放出されると、サイクリックグアノシン1リン酸という科学物質が合成されます。
  3. この化学物質が細胞の中に沢山溜まると血管が拡張します。
  4. ペニスの海綿体へ血液が流れ込んで勃起します。

このような感じですね、詳しく知りたい方はバイアグラのページをご覧下さい。

シアリスが他のED治療薬より優れている点とその理由

シアリスに含まれている主成分は「タダラフィル」と呼ばれる化学物質です。

このタダラフィルは水に溶けない性質を持っており、またブロック状の形をしているため、体内で分解されにくいという特徴があります。

その分、消化されるのが遅いため、急速な効果はありませんが、持続性に優れています。

ED治療薬に含まれている、有効成分の配合量によっても変わりますが、最長で36時間の作用時間を持っているので、日をまたいでも再度飲む必要がありません。

泊まりで旅行などに行っている場合は、食事の制限を気にする必要がないのは嬉しいですね。

実際にシアリスの効果が持続した時間

シアリス 効果時間

実際に私がシアリスの20mgを服用した際に効果を感じたのは平均30時間程度でした。

これは食後1時間後ぐらいに服用を開始して、効果を感じた3時間後ぐらいから30時間程度ということです。

シアリスの場合はバイアグラとは違い、消化が遅く作用時間が長くなっているため、若干体調によって効果の持続時間にズレが生じましたが、短い場合でも24時間は効いていたかなと思います。

まあ24時間勃起しているわけではなく、性的欲求が起こった場合のみですけどね。

シアリスは食事の影響が少ないけれど、食べ過ぎた場合はあまり効かない

シアリスは800kcalまでは食事の影響がないとされています。

800kcalというと、大体お肉が含まれている定食1人前ですので、普段の食事であれば問題ないということになりますね。

ただし、私が食後すぐに服用を開始した際は、やはり効果が現れるのがかなり遅かったですし、効果が減少していると感じましたので、出来れば空腹時に併用するのが間違いないなと思います。

シアリス服用による、ペニスの具体的な変化

シアリスは効果時間が長く、持続性が高いのが特徴です。

そのため、バイアグラのようにバッチバチに膨張して硬くなるという事はありませんでいた。

私の場合は心因性ストレスの影響でインポになっているタイプなのですが、シアリスの効き目はそれほどありませんでしたね。

具体的にいうと、薬を併用してなくて一番勃起が強い状態を維持できるといった感じです。

勃起はしますが、亀頭がパツンと膨れることはありませんし、勃起が強すぎてペニスに痛みを感じることもありません。

根本の強さについても、左右へのブレがありますし、勃起絶頂時の上下へのブレなさも、そこまでありません。

ただし、挿入してピストン運動を続けていると、亀頭に血液が溜まりますので、先端部分に関してはMAX状態になる事は可能かなと感じました。

シアリスの服用方法

上記と一部重複する内容になってしまいましたね、ごめんなさい。

まずシアリスは食事の影響を受けにくい特徴がありますが、出来れば食後2時間は控えるようにして下さい。

また空腹時でも、シアリスの場合は消化が遅いため、効果が現れるのは服用3時間後となっています。

飲み方については、水が一番良いと思います。

お茶やスポーツドリンク、そしてお酒でもかまいませんが、水分を多く摂取したほうが副作用が軽減されるので、最低200cc、できれば500ccほどの水分と摂るのが最適ですね。

またシアリスに含まれる「タダラフィル」はグレープフルーツと一緒に摂取すると、相互作用が出ます。

体内への薬の吸収を高めてしまい、薬の作用や副作用が強く表れることがあるようですので、一緒に飲まないように気を付けましょう。

またすぐに効果が出て欲しいからといって、かみ砕いて飲み込むのはやめましょう。

シアリスの良さは消化が遅いため、効果が持続するという点があります。

早期に細かく砕かれると、本来の成分が正常に発揮されないので、ほとんど効果が出ません。

>>シアリスの副作用を確認する