レビトラの副作用 – インポテンツ改善に潜む恐怖

レビトラ 副作用

レビトラの副作用

レビトラには血管を拡張させる効果がありますので、副作用として次のような症状が出ることがあります。

  • 顔面のほてり
  • 頭痛
  • 消化不良や下痢
  • 鼻づまり
  • 視界が白く感じて眩しい
  • めまいや動機

これはバイアグラと全く同じですね。国内の臨床試験データによると、バイアグラよりも副作用を感じる人は若干少なくなっているみたいです

また海外の7080例中に副作用が見られたのは31,16%というデータがあります。

バイアグラと同様に、顔のほてりや頭痛、鼻づまりの副作用が出る人が多いみたいですね。

ちなみに私が感じた、レビトラによる副作用の内容と頻度はこのような感じです。

  • 顔面のほてり(100%)
  • 頭痛(70%)
  • 下痢(10%)
  • 吐き気や胃痛(20%)
  • 鼻づまり(100%)
  • 視界が白く感じて眩しい(10%)
  • めまいや動機(40%)

バイアグラよりも持続時間が長いため、頭痛が長引いたように感じました。

また吐き気や下痢などについてはバイアグラよりも割合が低く、消化されやすい点が関係しているのかもしれません。

どちらにせよ、臨床試験データよりも多くの頻度で副作用の症状が出ましたので、人によって大きく変わると言えますね。

また私の場合はレビトラの効果が切れた段階で、副作用の症状も収まりましたが、もし症状が効果時間以上続く場合は医療機関で診察を受けたほうがいいかと思います。

レビトラを服用できない人

  1. 硝酸剤を使用中の人
  2. レビトラ錠を服用してアレルギー反応が出た人
  3. 心臓や血管に大きな病気を抱えていて、性行為が不適当と考えられる人
  4. 先天的に不整脈がある方や、 現在、抗不整脈薬を使用中の人
  5. 最近6ヵ月以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を患った人
  6. 重度の肝機能障害を患っている人
  7. 血液透析が必要な腎障害のある人
  8. 低血圧の人(最大血圧90mmHg未満または最小血圧50mmHg未満)や治療による管理がなされていない高血圧の人(安静時収縮期血圧170mmHg以上または最小血圧100mmHg以上)
  9. 不安定狭心症のある方、または性行為中に狭心症を起こしたことのある人
  10. 抗ウイルス薬(HIV治療薬)、抗真菌薬(内服)を使用中の人
  11. 網膜色素変性症(進行性の夜盲)の人
  12. 女性の人

レビトラは処方できない人がバイアグラやシアリスに比べて多いですね。

バイアグラやシアリスでは抗真菌薬を服用している場合でも、併用することが出来ますが、レビトラの場合は使用できなかったりします。

また以上の項目に該当される場合は、レビトラを服用することで体に多くの異常をきたし、最悪の場合は命の危険に関わりますので、服用することは出来ません。

また1の硝酸剤を使用している場合は、レビトラと併用することによって、血圧が急激に低下して、最悪の場合は死に至る危険性がありますので、絶対に服用しないで下さい。

レビトラはバイアグラよりも効果が長時間に渡りますので、その分副作用も強く出ます。

性的欲求や刺激がない場合は勃起はしませんが、副作用は関係なしにやってきます。

そのため、3大ED治療薬の中でも一番気を付けるべきものがこのレビトラになっています。

現在は通販でも手軽に処方箋なしで手に入れることは出来ますが、必ずクリニックで診察を受けてから利用するようにしましょう。

>>副作用のないおすすめ商品ランキングを見てみる