バイアグラの効能はインポテンツ改善に効果的?

バイアグラ 歴史

バイアグラ」男性なら一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

バイアグラは初めて世界で認可されたED治療薬なので、知らない人がいないぐらいメジャーですよね。

バイアグラの歴史

今でこそED治療薬として有名なバイアグラですが、開発当初は「狭心症」という心臓の冠動脈の血流が不足する病気のために開発されていたのです。

狭心症の治療として心臓に多く血液を送るための薬を開発していた所、副作用として勃起してしまうという事が分かり、勃起不全の治療薬として新たに開発されました。

バイアグラにはシルデナフィルという化学合成物質が含まれていて、この作用によって勃起の促進や持続時間を長くする効果があるわけですね。

イギリスの研究機関で開発されて出来たものなので、開発してくださった人には感謝です。

バイアグラは1998年に食品医薬品局に認可された

その後バイアグラの研究が進んで、1996年に特許申請が認められて、1998年に食品医薬品局で認可されました。

この食品医薬品局というのは、日本では厚生労働省みたいなものですね。

ちなみにバイアグラはイギリスのファイザー社が開発、特許申請を出しているため、2013年までは日本では製造することが出来ませんでした。

2014年に入り特許が満了したため、5月26日に国内メーカーの「東和薬品株式会社」が日本初のバイアグラのジェネリックを発売したのです。そしてその後2014年の年末には10社がバイアグラジェネリックの発売を開始したという経緯があります。

現在ではそのような背景があるので、多くのクリニックでバイアグラを処方してもらえるわけですね。

バイアグラの効果

バイアグラ効能

バイアグラの主成分であるシルデナフィルは、陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめて、血液を流れやすくする効果があります。

つまり簡単にいうと、ペニスの中に血液が集まりやすくなるという事ですね。

血液がペニスの中に充満すると、圧がかかりパンパンになります。

それでペニス自体が大きく、また硬く立つようになるわけです。

ちなみにペニスが勃起するメカニズムとしては通常このような感じになっています。

  1. 性的な興奮や感情を持つことにより、体内に一酸化窒素が増えます。
  2. 一酸化窒素が血管の細胞に放出されると、サイクリックグアノシン1リン酸という科学物質が合成されます。
  3. この化学物質が細胞の中に沢山溜まると血管が拡張します。
  4. ペニスの海綿体へ血液が流れ込んで勃起します。

またこれだけだと、理性で勃起を抑えることが出来ませんし、インポにもならない事になります。

意図しない時に勃起し続けたら困りますし、それだったら我々は苦労しませんもんね。

勃起が終わるメカニズムは、勃起した後に上記の化学物質が、酵素ホスホジエステラーゼ5型によって破壊されることにより、血管の拡張が終わり勃起も終わるというものです。

つまり酵素ホスホジエステラーゼ5型の働きを抑えることが出来れば、勃起は長時間続くということです。

もうお分かりになられたと思いますが、バイアグラはこの酵素ホスホジエステラーゼ5型を抑制する力があるのです。

つまり勃起を抑える酵素を抑制してくれるのがバイアグラという事ですね。

バイアグラの効能で勝手に勃起するわけではない

したがって、バイアグラを飲んだからといって、興奮するものや刺激がないと勃起する事はありません。

あくまでも勃起をした後に、勃起を抑えてしまう酵素を抑制する効果があるだけです。

インポの人は勃起を全くしないのではなく、勃起しにくかったり、勃起してもすぐに縮んで元に戻ってしまいます。

でもバイアグラを服用することで、勃起しにくいペニスを見事に勃起させる事が出来ますし、勃起をしたまま長時間維持することが出来るのです。

つまり心因性ストレスでセックスの最中に中折れしてしまう人や、加齢によって血液が流れ込みにくくなって、勃起しにくい人にも効果があるという事なのです。

簡単にまとめるとこのような事が起こるわけですね。

  1. 興奮要素があって勃起が始まる。
  2. とたんに酵素が勃起を抑えに来る。
  3. バイアグラの効能で酵素を封じ込める。
  4. 結果的に勃起が持続される。

つまり興奮要素を感じることさえ出来れば、長時間勃起することが出来るようになりますので、簡単に全盛期の状態を取り戻すことが可能になるわけです。

バイアグラの効果が持続される時間

バイアグラ 効果時間

実際に私がバイアグラを服用した際に効果を感じたのは4時間程度でした。

これは空腹時では飲み始めて30分ほどで効果が出るので、そこから4時間という感じです。

ただし、MAXガチガチに効いていると感じたのは服用開始1時間後から、3時間までの2時間程度です。

その日の体調によっても代わりますが、30回以上利用した結果なので大体同じですね。

バイアグラ服用による、ペニスの具体的な変化

バイアグラを服用する前は、勃起はするけども、その状態が維持できないといったものでした。

またその時の気分が優れなかったり、女性を満足させようと思えば思うほど、すぐに元に戻ってしまうといった感じです。

バイアグラを服用した場合は、女性にくっついているだけでどんどん勃起してきて、そのまま放置しているとペニスが痛くなるぐらいパンパンに張ります。

また張り具合でいうと、通常がニョキっという感じで、服用時はガッチガチという感じです。

また服用した場合はガッツリと上向きになっており、亀頭が膨れているような状態です。

そして根本が凄くしっかりして、左右にブレないようになりましたね。

バイアグラの服用方法

最後にバイアグラの服用方法についてお話します。

まずバイアグラは食事の影響をかなり受けやすいため、食後2時間は控えて下さい。

また油分の多い食事を取った場合は、3時間は空けないと効きません。

そして飲み方なんですが、何も含まれていないただの水が効果的です。

水がない場合はお茶やスポーツドリンクでもかまいませんが、牛乳などの脂肪分が多い飲料だと吸収を妨げるので注意して下さい。

最低水200ccと一緒に飲むことを心がけて、出来れば500ccほど取るのが最適です。

この理由に、水分が少ないとそれだけ消化に時間がかかりますので、効果が出るのが遅く、また弱くなります。

また水分を多くとるほど、副作用を抑えることが出来ます。

またアルコールを多く飲んだ状態でバイアグラを服用すると、副作用が劇的に悪化する事がありますので絶対にやめましょう。

>>バイアグラの副作用を確認する